大学生の「時間」と「選択」

NewsPicks Bookの11月の新刊、お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)を読み終えました。



自分自身、大学1年生で、大学生とバイトの関係性がこの本を理解するのに役立ちました。
所々、その例えを用いたいと思います。



最近、『評価経済』や『信用経済』などという言葉をとてもよく聞きますが、新しい経済を生きるには必須の本だと思いました。



目次
・発展する「経済システム」の5要素
・「価値主義」とは?
・「時間」の使い方と「選択」




発展する「経済システム」の5要素

持続的かつ自動的に発展していく「経済システム」の共通点として以下の5つが挙げられています。


①インセンティブ
②リアルタイム(常に状況が変化)
③不確実性(運要素が含まれる)
④ヒエラルキー(秩序の可視化と高い流動性)
⑤コミュニケーション



上手く行っているサービスとしてFacebookが挙がっていましたが、右肩上がりで成長しているSHOWROOMも完全に当てはまっていると思います。



SHOWROOMの5要素(演者目線)
①自己実現、経済的報酬、承認される点
②そもそも生配信である点
③秋元康さんなどのルーム訪問
④ランキングの順位や、ポイント
⑤ルーム内でのコミュニケーション


これに加えて、ステークホルダーが共通の目標を持っているなどコミュニティに活気を生む要因が本当に多いです。




一方、人手不足に悩む飲食店のバイトなどはことごとく設計が上手くいっていないと思います。
特に、①・②・④が問題で、

時給制で努力が反映されない点が大きな足かせとなっているように感じます。頑張っても頑張らなくても報酬が同一です。


店側もすぐにやめられる前提で雇う場合が多く、「たかがバイト」としての立場から変化がありません。




そして、発展していくシステムが、脳や自然と同じ構造をしているというのに驚きました。



社会主義が崩壊した原因も「自然と正反対の仕組みを採用した」からというのも納得がいきます。




「価値主義」とは?

今後は、可視化された「資本」ではなく、お金などの資本に換算される前の「価値」が中心になっていくと書かれています。



要約すると、
資本主義の限界は、お金にならないものを意味がないと見なす点にありました。
価値主義とは、「お金にならなくても価値があること」が意味がある行為になります。



価値主義の世界では価値を最大化することが重要です。




では、価値とは?
①有用性としての価値(役に立つかどうか)
②内面的な価値(感情にポジティブな効果がある)
③社会的な価値(社会の持続性を高める)
が挙げられています。




「時間」の使い方と「選択」

ここで大学生の「時間」の使い方を考えます。



今までの資本主義では、有用性としての価値を提供すること、すなわちバイトで労働力を提供することのみが意味があることと見なされていました。



しかし、価値主義では例えば、ただ好きなことや熱量を注いでいるものが意味のあるものになり得ます。



自分は、お金を「時間の対価」と捉えてバイトをしていました。


価値主義では①・②・③のどの価値でも経済が回ります。


「好きなことで生きていく」という選択が可能になりました。





僕はそう考えた時に、バイトをしていることで発生する機会損失が大きいと考え、バイトを辞める選択をしました。

※全てのバイトが、自分の価値を高めることができないものだと言っている訳ではありません。




自分の価値を高めるチャンス(機会)に対して、瞬発力を発揮したいからです。
これはすでに、経済を「選択」していることになります。



「時間」をどう使うかは、すでにどの経済で生きるかを「選択」していることになります。



どれが良い悪いではありません。




ただ、思考停止して、無意識で「選択」をすることに危機感を覚えました。




意識的に「選択」をするのに必須なのがこの本だと思います。



お読みいただきありがとうございました😊

Zassy Official Web Site

学生団体Zassyの公式HPです!

0コメント

  • 1000 / 1000