小橋賢児さん『ULTRAなプロデュース力』

箕輪編集室定例会!


小橋賢児さんの「ULTRAなプロデュース力」に参加してきました!
遅くなりましたが感想など思ったことをまとめたいと思います!










まずはインドに行って価値観が変わった話でした!




箕輪さんもインドでの体験談について「人生1悪い出来事が立て続けに起こる」と話していました!笑





インドでは
『あなたもダメなんだから人のダメさを許しなさい』
という教えがあるらしく、日本とは真逆の考え方です。



インド行きます!








次に、芸能界で小橋さんが活躍していた頃のお話でした。


・思ったままに行動してたが、情報が先に来て行動を抑制しだした
・あるコミュニティで居心地が良くなって、自分の周りの価値観が似てくると危ない



この2点がすごく印象的でした。




行動せずに居心地の良いところに留まるのはとても楽ですが、そこに危機感を感じられるのがすごいなと思いました。




大学生なんかは特にその傾向が強いと思うので、積極的に新しい場所に飛び込みます!






そして小橋さんのプロデュースについて



小橋さんはSTAR ISLANDについて

・伝統は守るものなのかと疑問に思った。
・伝統になるためには本気でクリエイトしなければいけなく、だからこそ後世に残る
・今は伝統と言いながら古いものをただ見せられてるだけ

➡︎伝統は守るものではなく熱量を注ぐもの
・常にアップデートをして興奮を生む
・作るために守るものを理解、リスペクト
・理解した上で現代に合わせて解釈







まずは日常で、色々なものに疑問を持つことの重要性を教えてもらいました!



そのために、世の中を感情移入せずにフラットに見ることが重要で、旅行で日本を離れるのも1つの手段として有効だそうです!








最後には小橋さんと箕輪さんのヒットコンテンツを生む方法について




・流行っているものを表面上だけ真似てもヒットコンテンツにはならない

・誰か1人に突き刺さるものを作ればマスに刺さる

・自分が熱狂できないと他は巻き込めない

・なんでそれをやるのかが一番重要。だから自分の感情を探求する






箕輪さん、西野さん、前田さんとかもそうだけど結局は熱量が人の心を動かすものを作るんだと思う。




『行動は誰でもできる錬金術』
自分の衝動に従い行動することで、最終的に結果がついてきている。






淡々とやるんではなく熱意を持ってやる。






これから色々な価値観に触れて、自分の感情を探求します。
春休みインド行きます。🇮🇳





お読みいただきありがとうございました😊

0コメント

  • 1000 / 1000