学生団体Zassy

記事一覧(2)

「西野亮廣講演会@早稲田大学大隈講堂」にお申し込みいただいた方々へ

この度は、事前の説明なくゲストの追加を決定してしまい誠に申し訳ありませんでした。今までの私の説明やチケットの申し込み画面では西野さんの話を1時間半フルで聴けると思い、申し込まれていると思います。その点において配慮が欠けていました。本当に申し訳ありません。今回の件について、ゲスト発表の仕方とゲストをお呼びした理由についてご説明させていただきます。まず、ゲスト発表の仕方についてご説明させていただきます。もともと、前田さんと箕輪さんはお呼びする予定で集客を始める前からご出演の依頼をしていました。西野さんにも依頼しているタイミングでお伝えしていたつもりでした。11月4日の早稲田祭での西野さんの講演会で、ビラを置かせていただきました。このタイミングで集客を開始しようとしていましたが、この時点で前田さんのご出演が確定はしていない段階でした。そのため、ビラには西野さんのみの写真を使用し、「西野亮廣講演会@早稲田大学大隈講堂」というタイトルで申し込みを開始してしまいました。前田さんのご出演が決定したのが本日であり、すでに800枚以上のチケットを申し込み頂いている状態での発表となってしまいました。決定していない段階でも、ゲストの参加の可能性を示しておくべきでした。完全に運営の準備不足と配慮不足の結果です。本当に申し訳ありません。次にゲストをお呼びした理由です。僕は西野さん、前田さん、箕輪さんの行動力、優しさ、未来についての考え方がとても好きです。未来について何の希望も持っていなかった僕でしたが、この御三方の考え方に触れて変わろうと決意できました。自分の考えを発信することもなく、行動もしない人間でしたが少しずつ変われました。西野さんの講演会主催権利を購入したのも、僕が西野さんに影響を受けて変われたからで、他の学生にも話を聞いてもらいたいと思いました。もともとこの講演会は学生向けの講演会として開催しています。前田さんの講演会や就活イベントにも参加し、前田さんのお話を聞いてきましたが、こちらもやはり学生に本当に聞いて欲しいものでした。大変な学生時代を過ごす中で、自分の意思を持って選択を続けてきた前田さんの生き様を感じました。先日の早稲田祭での西野さんと箕輪さんの対談も、学生にとって本当にためになるものでした。周りに流されずに人と違う行動を取る勇気をもらえるお話でした。先日も西野さんが、就職先についてのブログを上げていました。今は変化のスピードがとても速い時代で、就職や未来について不安を持つ学生が多いです。だからこそ僕は学生にこの御三方の話を聞いてもらいたいと思いました。ここは僕のエゴになってしまいます。ですが、絶対に学生のためになると思いお呼びいたしました。運営の拙さより、このような事態を招いてしまったことを深くお詫び申し上げます。ご理解いただけると幸いです。

西野亮廣講演会主催の経緯について

本講演会の主催の経緯について興味を持っていただきありがとうございます。まずは本講演会を主催する理由についてお話させていただきます。<糸井優和>はじめまして、早稲田大学 文化構想学部1年の糸井と申します。この度、友人の稲場と、クラウドファンディングで西野亮廣さんの講演会の権利を買い、講演会を開かせていただくことになりました。皆さんは、キングコングの西野さんのことをご存知でしょうか?テレビなどでよく目にする「好感度低い芸人」というイメージを持たれている方も少なくないと思います。知らない人も多いかもしれませんが、西野さんは絵本作家としても活躍されており、絵本『えんとつ町のプペル』(2016)は32万部という異例の大ヒットを記録しました。また他にも、新通貨の開発や映画の制作など、芸人という枠をこえ、様々な方面でご活躍されています。そんな西野さんの目標は「ウォルトディズニーを倒す」こと。冗談やノリで言っているのではありません。めちゃめちゃ本気です。ガチで倒しにいっています。「そんなことできるわけがない」多くの人がそのように考えると思います。僕もはじめはそうでした。けれど、実際に西野さんの話を聞いていくうちに、「もしかしたら、もしかするかもしれない」そう思うようになりました。お金・広告についての考え方、タレントとしての生き方。どうすればディズニーに勝てるのか。全てが斬新で、新しく、何より恐ろしく論理的だからです。どれだけ多くの人が無理だと言っても、自分を信じ、挑み続ける姿にとても感動しました。10月4日に発売された『革命のファンファーレ』(西野亮廣) は今までの自分たちの価値観が全てひっくり返され、自分たちがいかに時代から取り残されているかを痛いほど思い知らされる一冊です。新しい時代がすぐそこまで来ていると気づかせてくれます。僕が今まで読んで来た全ての本の中で、胸を張って「1番面白かった」と断言できます。この話をどうしても学生に届けたい。「自分がしたいことは何なのか」「これから自分は何をして生きていくのか」未来に悩みながら、これからの未来を作っていく学生こそ聞かなければならない。そう強く思うようになりました。このような経緯で、「講演会を学生に無料で届けたい」という運びになりました。僕たちの挑戦にご協力の程をどうかよろしくお願いします。<稲場友亮>はじめまして、現在早稲田大学1年の稲場友亮(いなばゆうすけ)と申します。自己紹介と講演会を主催する経緯について説明させていただきます。僕はもともと保守的で行動を起こさない人間であり、大学に入学してから半年間、典型的な「やりたいことがない」タイプでした。高校まで打ち込んでいた野球をやめ、大学で打ち込むことも見つからずにいた頃、西野さんの圧倒的な行動力と結果を残す姿に影響を受けました。何かしたいとは思いながらもやりたいことがないという状態が続けていた中、西野さんの講演会を開催する権利をクラウドファンディングで販売しているのを見つけました。自分を変えるため、また自分と同じように「やりたいことがない」タイプの学生にも西野さんの話を聞いてもらいたいと思い、共に主催する糸井と権利の購入を決めました。権利の購入以来、僕は行動を少しずつ起こすようになりました。とにかく何でも新しい環境に飛び込み、自分を変えようと思いました。また、糸井と団体を立ち上げ、講演会の準備と並行して様々なプロジェクトを進めています。(この団体でプロジェクト行っていきます。)行動を少ししてみて気付いたことがあります。行動して少しでも結果が出ると楽しい。また、仲間が集まり、みんなで行動を起こすともっと楽しいということです。打ち込むことがなかった僕ですが、今人生で一番楽しい時間を過ごしていると言い切れます。このような仲間をもっと増やしていきたいと思っています。是非ご協力お願いします。これはもともと、クラウドファンディングをする予定で書いた文章です。ですが、様々な事情によりクラウドファンディングをすることができなくなり、このような形で開催することが決まりました。これから当団体ではインプットしたことを実践するため、様々な活動を行う予定です。そちらにも興味を持っていただけると嬉しいです。是非よろしくお願いいたします。